竹本ゆきおのやる気マニフェスト「3つの基本理念・10の戦略」

基本理念 1 暮らしやすさ第一 豊川市「毎年1000人の社会増を目指す」

戦略1
    雇用の創出など人口増施策【人口増】
  • 1商業施設誘致も含めた八幡地区まちづくりの推進
  • 2愛知御津駅橋上化建設整備
  • 3新規工業団地整備
  • 4市長自らによる企業誘致トップセールス
  • 5市営住宅跡地を始めとする市有地の宅地分譲
戦略2
    活気みなぎる元気なまち【産業・観光】
  • 1商工会議所・商工会・農協と連携した産業支援
  • 2既存商業者に対する新規支援事業の創設
  • 3創業・起業支援事業の拡充
  • 4バラを始め豊川ブランドの全国PR
  • 5観光・シティセールスの推進
戦略3
    市民の安全・安心を守る【安全・安心・基盤整備】
  • 1消防署本署の建替
  • 2防災行政無線の更新
  • 3市民ニーズ調査による防犯カメラ設置
  • 4高齢ドライバー後付け安全装置への助成
  • 5通学路危険箇所の一斉点検と安全対策
  • 6ストリートデザインマネジメントの推進
  • 7町内会要望等住民密着予算の拡充
戦略4
    市民が文化とスポーツに
    親しむ場づくり【文化・スポーツ】
  • 1桜ヶ丘ミュージアム茶室「心々庵」リニューアル改修
  • 2地域間(ゆかりのある自治体)交流の推進
  • 3テニスコート12面を含めた豊川公園の再整備
  • 4リレーマラソン等おもてなし事業の拡充

基本理念 2 子育て豊川応援団「日本一子育てしやすいまち」

戦略5
    子育て世代を全力で応援【子育て支援】
  • 1高校3年生世代までの入院医療費無料化
  • 2民間も含めた保育園の計画的な建替整備
  • 3保育園の老朽化等危険遊具の早期改修
  • 4総合保健センター内に妊産婦ケアセンター創設
戦略6
    子どもたちに希望を与える教育【教育】
  • 1小中学校学級運営支援員の拡充
  • 2外国籍児童生徒を対象としたこぎつね教室の拡充
  • 3地産地消の推進と「生きる力」を育む食育教育の充実
戦略7
    安心して暮らせるぬくもりのまち【健康福祉】
  • 1総合保健センター建設整備
  • 2運動器機能向上など介護予防事業の充実
  • 3シルバー人材センター事業への支援拡充
  • 4障がい者の積極的な採用計画
  • 5障がい者相談事業の拡充

基本理念 3 市民と創る協働と健全財政のまち「市民が主役の市政を進める」

戦略8
    市民の主体的な活動を応援【市民との協働】
  • 1消防団員・交通指導隊員等の処遇改善
  • 2町内会加入率低下対策プロジェクトの設置
  • 3ボランティア・NPOマンパワー養成事業
戦略9
    みんなで行動する環境のまち【環境】
  • 1再生エネルギーの活用促進
  • 2パーク・アンド・ライドの推進
  • 3地域猫に対する補助制度創設
戦略10
    行財政改革と健全財政の堅持【行財政運営】
  • 1職員の意識改革と職員研修の充実
  • 2公共施設の安全性・機能向上と総量削減
  • 3一般会計市債残高の30億円削減
新たな豊川市をつくる取り組み!
 少子高齢化が進むなか、人口減少の激しい市町村では、設備更新経費による水道料金の値上げ、利用者減による公共交通機関の縮小、そのほか各種行政サービスの低下などの事例がみられます。

 合併によるスケールメリットの効果により健全財政を維持してきた豊川市ですが、出生数が死者数を下回る自然減の時代となり、今こそ、まちの魅力アップや働く場の確保による人口増で自立可能な都市を形成しなければなりません。

 そのため、他の都市からの転入者増を念頭に3つの基本理念と10の戦略に取り組んでまいります。
竹本ゆきお
プロフィール
竹本ゆきお
昭和29年  豊川市生まれ
昭和44年 豊川市立南部中学校卒業
昭和47年 愛知県立豊橋東高等学校卒業
昭和51年 立命館大学理工学部卒業
昭和53年 豊川市職員採用
平成12年 教育委員会生涯学習課長
平成14年 企画部企画課長
平成17年 企画部次長
平成18年 豊川宝飯衛生組合事務所長
平成19年 企画部政策調整監
平成20年 豊川市副市長
(平成20年7月〜令和元年7月)

過去の経歴
豊川ビジョンリサーチ 幹事
特定非営利活動法人 穂の国まちづくりネットワーク 理事
豊川豆記者交歓会 事務局長
豊川市立八南小学校 PTA会長
      
竹本ゆきお
事務所
竹本ゆきお後援会事務所
〒442-0027 豊川市桜木通4丁目4-4
TEL.0533-85-1206
FAX.0533-85-1207
(事務所開設時間 午前10時〜午後8時)